1. 京都バス
  2. 三角点トレック
  3. 2012年
  4. 第5回 小野村割岳コース

三角点トレック

第5回 小野村割岳コース

2012.12.21 更新

◆◆日本海に流れる由良川と、大阪湾に流れる桂川の分水嶺の山◆◆

■小野村割岳 標高 931.7m

■コース
出町柳駅 (京都バス) 佐々里峠 → ピーク840 → ピーク832 → 東谷乗越 → ピーク911 → 小野村割岳 → ワサ谷 → 下の町 (京都バス) 出町柳駅  (約10㎞)

■開催日 10月6日(土)
■参加費無料 (バス代・資料代等2,500円別途)

北山の豊かな自然にあふれた三角点を踏破する「京都バス三角点トレック」。
2012年実施コース中、5コース以上踏破され、最終回にご参加された方に、踏破賞をお渡しいたします。
コース、詳細などはこちらをご覧ください。


【トップのコースタイム】
佐々里峠(10:08出発) ➪ 灰野分岐(10:30通過) ➪ ピーク832(10:55通過) ➪ 雷の落ちた木[巨木散策](11:05到着 11:25出発) ➪ 昼食場所(11:40到着12:20出発) ➪ ピーク911(12:50通過) ➪ 小野村割岳(13:10通過) ➪ 林道終点(13:20通過) ➪ 福重の滝(13:35通過) ➪ 林道ゲート(13:50通過) ➪ 下の町14:20到着)


【コース概要】
このコースは、京都バスでルート整備を行い、三角点トレックで何回か歩いたことにより、山の地図には当初点線で「迷」と表示されていたのが、今では実線となっています。
スタート地点は、京都市左京区と京都府南丹市との境界にある「佐々里峠」です。京都バス「広河原」終点から徒歩約40分です。
佐々里峠からハシゴで作った階段を上ります。ほぼ平坦でその後滑らかな登りとなり、約20分歩くと「灰野分岐」に到着します。
灰野分岐で右側に約5分少し急な登りを歩くと、「ピーク840」に到着します。ピーク840から約15分歩くと、最初の巨木に出合います。さらに進み、登ったところが「ピーク832」ですが、ここは少し分かりづらいかも知れません。
ピーク832から約8分で「雷の落ちた木」に到着です。この木の中は黒くなっています。ここを左に下りていくと、「巨樹群生地」です。
再度「雷の落ちた木」に戻り、左側に進みます。この先のルートが京都バスで整備し、今ではルートがはっきりしている箇所です。
急な下りを進むと、今回のルートの中で一番きつい登りがあります。ここを登りきると巨木が現れ、平坦となった少し広い箇所で昼食をとりました。
その後、登り・下りの繰り返しとなり、道なりに右に進む箇所があります。少し登ると「東谷乗越」に到着します。東谷乗越では、左側に約8分の急登を進みます。巨木が現れると「ピーク911」に到着です。ここは、右に進みます。
下り、登りの繰り返しがあり、開けた感じの箇所を少し登ると、三等三角点の「小野村割岳」に到着です。
小野村割岳から、右側の稜線に下りていきます。急な下りの箇所には、ロープを京都バスで張りました。ロープ場を少し下ると、川にでます。川に沿って、右側に進んでいくと「林道終点」です。
この先の林道は石が多いガレ場の急な下りとなります。暫く歩くと「福重の滝」が左に見えます。さらに下ると「林道ゲート」です。ここから先は、歩きやすい林道となり、約30分でゴールの京都バス「下の町」バス停に到着します。
ここは、毎年8月24日に行われる「広河原松上げ」の会場でもあります。


【今回歩いた感想】
この小野村割岳コースは、巨木を見ることが出来、北山歩きを堪能出来るコースです。
 今回、小野村割岳から先のロープ場でスタッフが何故か転倒し、参加いただいた方の多くから怪我がないか、心配していただく場面がありました。
 このルートを歩かれる時は、ロープ場の下りには十分注意してください。