1. 京都バス
  2. 三角点トレック
  3. 2012年
  4. 第6回 水井山・横高山コース

三角点トレック

第6回 水井山・横高山コース

2012.12.21 更新

◆◆大原の里から東海自然歩道・京都一周トレールのコースを歩き、奥比叡ドライブウェイ峰道レストランへ◆◆

■水井山 標高 794.1m
■横高山 標高 767.0m

■コース
出町柳駅 (京都バス) 大原 → 東海自然歩道 → 仰木峠 → 水井山 → 横高山 → 奥比叡ドライブウェイ・峰道レストラン (京都バス) 出町柳駅  (約 7㎞)

■開催日 11月3日(土)
■参加費無料 (バス代・資料代等2,000円別途)


北山の豊かな自然にあふれた三角点を踏破する「京都バス三角点トレック」。
2012年実施コース中、5コース以上踏破され、最終回にご参加された方に、踏破賞をお渡しいたします。
コース、詳細などはこちらをご覧ください。


【トップのコースタイム】
大原(8:40出発) ➪ 林道鹿避け扉9:00通過) ➪ 仰木峠(9:55到着 10:10出発) ➪ 横川との分岐(10:20出発) ➪ 水井山[昼食場所](10:58到着11:30出発) ➪ 横高山(11:45通過) ➪ お地蔵さん(11:54通過) ➪ 玉体杉(12:00通過) ➪ 峰道レストラン(12:25到着)


【コース概要】
このコースは、大原から比叡山に登るルートで、京都バスでは初めて大原の集落を歩くコースで開催しました。
大原バス停から信号を渡り、三千院の方に少し進むと丁字路となっており、そこを右に歩きます。郵便局や大きな一時預かりの駐車場を過ぎると、左側に細い上り坂があるので、その坂を登ります。登ると「御香水」の前を通り、平坦な住宅地の道を進むと、「東海自然歩道」の看板がある十字路に出ます。
ここを左に進むとすぐに仰木峠登り口の看板があります。東海自然歩道を歩くことになります。後ろを振り返ると、大原の里や金比羅山・翠黛山等が綺麗に見えていました。
鹿避け扉があり、右側から入ります。すぐに右側に神社があります。川に沿って暫く整備された歩きやすい登りを進みます。
戸寺バス停からの急登ルートと出合うと、後僅かで仰木峠に到着です。仰木峠から左側に約3分登ると、木が伐採され、琵琶湖が綺麗に見える箇所があります。
再度仰木峠に戻り、水井山を目指します。「京都一周トレイル」の道標を確認しながら歩きます。約10分間はほぼ平坦ですが、横川との分岐に出ると水井山まで小さな急登のピークを幾つか越えていきます。
急登を登りきると、「水井山」に到着します。眺望は期待できません。水井山からの下りは、急です。
水井山を下りると、すぐに横高山への登りで鞍部を二つ登ります。横高山からは、左に下りていきます。下りたところに、「お地蔵さん」が祭られています。
ここからは、真っ直ぐ歩きます。階段の登りが少しあり、左に大きな杉が現れると、「玉体杉」に到着です。行者の方はここで足を止め、御所に向かって玉体安穏・鎮護国家を祈念されます。
暫く奥比叡ドライブウェイの横を歩くと、ゴールの峰道レストランに到着です。
路線バスは、延暦寺バスセンターで京都駅ゆきの京都バス等にのりかえとなります。


【今回歩いた感想】
このコースは急登が横川への分岐から水井山、横高山まで続き大変「きつい」ルートと下見時感じましたが、実施日は参加者のことを考え、ゆっくり登ったこともあり、「きつい」という感じはありませんでした。
  また玉体杉では愛宕山が見えるので、京都市内の高い山を見ると愛宕山と言っているスタッフを案内に配置し、愛宕山の案内を思う存分してもらい、大変満足げでありました。
 横高山の下り等では、先頭付近の参加者の方が、我先に下りようとされるので危険なため、後援会社の朝日新聞社の方が、慌てて整理をされておりました。
 今回は、今年5回以上参加いただいた方に朝日新聞社さまのご協力で、踏破賞としてコットンキャップをお渡ししました。踏破賞に該当されなかった方からは、来年は頑張ろうという声も聞こえていました。