1. 京都バス
  2. 三角点トレック
  3. 2012年
  4. 第2回 近江今津の武奈ケ嶽コース

三角点トレック

第2回 近江今津の武奈ケ嶽コース

2012.12.21 更新

◆◆杣人の歩いた古道を登り、山頂が三カ所ある武奈ケ獄へ◆◆

■武奈ケ嶽 標高 865.0m

■コース
出町柳駅 (京都バス) 角川生活改善センター → 光明寺 → 赤岩三角点 → 武奈ケ嶽 → 三重  獄への分岐 → ワサ谷林道 → ワサ谷林道入口 → 石田川ダム (京都バス) 出町柳駅  (約 9 ㎞)

■開催日 6月2日(土)
■参加費無料 (バス代・資料代等4,000円別途)

北山の豊かな自然にあふれた三角点を踏破する「京都バス三角点トレック」。
2012年実施コース中、5コース以上踏破され、最終回にご参加された方に、踏破賞をお渡しいたします。
コース、詳細などはこちらをご覧ください。


【トップのコースタイム】
角川生活改善センター(10:00出発) ➪ 赤岩三角点(11:20到着11:25出発) ➪ 武奈ケ嶽・昼食場所(12:03到着12:48出発) ➪ 三重獄への分岐(13:12通過) ➪ ワサ谷林道終点(14:14通過) ➪ ワサ谷林道入口(14:21通過) ➪ 石田川ダム(14:26到着)


【コース概要】
角川生活改善センターをスタート地点とし、暫く集落の中を歩き、光明寺手前に「武奈ケ嶽登山口」の道標があり、右側に入り階段を少し登ります。登ると神社があり、神社の右手から竹藪を登ります。
その後、自然林の中の少し急な尾根道を登ります。特に、ロープが張ってある箇所は急登です。そこを過ぎると、暫くは平坦となり、その後は赤岩まで急登が続きます。赤岩三角点はスギの植林の中にあり、付近は広くなっています。
赤岩からは一度下り、再度登ります。自然林の中を歩き正面に武奈ケ嶽が現れると鞍部の登りで、晴れている時は、後ろを振り返れば先ほどの赤岩や奥琵琶湖、伊吹山も見え、大変気持ちの良い登りです。
登りきるとすぐに第一ピーク、そして独標のある第二ピーク、奥琵琶湖や小浜、今津の山々が綺麗に見渡せる第三ピークとなります。
第三ピークからは下りとなり、三重獄への分岐まで約1.1kmで、踏み跡がはっきりしています。
三重獄分岐には道標が整備されており、ここからワサ谷林道まで約3.8kmで、自然林からスギの植林へと下りてゆくにつれ変っていきます。つづら折れの道を下りていくと堰堤が見えてきます。ここが「ワサ谷林道終点」です。
ワサ谷林道終点から石田川ダム駐車場までは、荒れた舗装道路をダムに沿って歩き、約20分で到着します。


【今回歩いた感想】
この赤坂山は、赤岩までの登りが辛いのですが、歩くルート脇に花が咲いており、中間付近を歩かれている方は花を見て癒されているようでした。
今回は京都新聞さまの取材もあり、記者の方が写真を撮られている時は、だれも嫌な顔もせず取材に協力的であり、いつ記事が掲載されるか話題になっていました。
これは、参加いただいた方だけではなく、スタッフも同じでした。