1. 京都バス
  2. 三角点トレック
  3. 2015年
  4. 第5回 半国高山コース

三角点トレック

第5回 半国高山コース

2015.03.26 更新

◆◆北山杉の産地を取り囲む集落の中心地に位置し、北山杉を眺めての林道歩きもあります◆◆

■半国高山 標高 670.0m

■コース
出町柳駅 (京都バス) 小野郷バス停 → 岩谷峠 → 半国高山 → 供御飯峠 → 杉坂口 (京都バス)→ 出町柳駅  (約10㎞)

■9月3日(木) 9時より、電話にて参加申込を受付させていただきます。
■開催日 10月3日(土)
■参加費無料 (バス代・資料代等3,000円別途)

北山の豊かな自然にあふれた三角点を踏破する「京都バス三角点トレック」。
2015年実施コース中、5コース以上踏破され、最終回にご参加された方に、踏破賞をお渡しいたします。
コース、詳細などはこちらをご覧ください。


今回の「半国山」は、三角点トレックでは初めて登る山で、北山の中でも登山者が少ない山で、ルートも荒れており、このコースを提案した山好きのスタッフが一人で二回歩き、ルートを探しました。
 複数スタッフとの最終下見では、その甲斐あって道に迷うことはなかったのですが、整備に時間を要しました。
また、バスの回転場所、待機場所、ゴール場所も地元の方々にご協力いただき、確保することが出来ました。
今回の山は景色は期待できませんでしたが、唯一景色が良かったのは「愛宕山」が見える箇所でした。本来なら愛宕山が好きなスタッフを配置し案内を担当する予定でしたが、所用で参加できず大変悔しがっていたと思います。
 
【トップのコースタイム】
岩戸落葉神社(9:25出発) ➪ 林道終点(9:32到着 10:02出発) ➪ ロープ場(10:15通過) ➪ 岩谷峠(10:34到着 10:48出発) ➪ 半国高山(11:03到着 12:00出発) ➪ 見晴の良い箇所(12:36通過) ➪ 供御井飯峠(12:56通過) ➪ フットサル場.(13:22到着)

【コース概要】
(ア) 小野郷の「岩戸落葉神社」で降りられたら、神社横の林道を岩谷川に沿って歩きます。
(イ) スタート地点から約40分で、「林道終点」に到着します。
(ウ) 林道終点では真っ直ぐ進みますが、林道から少し段がある箇所を進みます。
(エ) すぐに右へ行き、川を渡り、再度右に川に沿って沢を数回渡ります。
(オ) 右に曲がり、すぐに左に登山道があります。
(カ) この先は、狭い九十九折れの登りです。
(キ) 途中、ロープが張ってある箇所があります。
(ク) その後も急な九十九折れの登りとなります。
(ケ) 暫く登っていくと、「岩谷峠」に到着します。
(コ) 「岩谷峠」から「半国高山」までは、登り下りが数回あります。
(サ) 約20分で「半国高山」に到着します。半国高山は三等三角点で、展望はきかない場所です。
(シ) 三角点から先は当初は緩やかな下りですが、その後急な下りが約10分続き、平坦・下りとなります。
(ス) その後、右の急な下りを約3分進みます。そして、下りとなり、標高534m付近は展望が出来、愛宕山も見えております。
(セ) その後、下り、登り、下りとなり、右側に「お地蔵さん」が祀られている箇所に到着します。
その下が「供御飯峠(クゴイトウゲ)」です。
(ソ) 供御飯峠では、左に下りていきます。最初は九十九折れの歩きやすい下りとなりますが、暫くすると荒れており歩きにくい箇所があります。
(タ) 林道に出ると、左側に下りていきます。
(チ) 林道正面に、チェーンが張られた箇所があり、右に進みます。
(ツ) 杉坂大谷林道は、北山杉に囲まれた林道歩きです。
(テ) 約20分で、「フットサル場」に到着します。