1. 京都バス
  2. 三角点トレック
  3. 2016年
  4. 第4回 美女山コース

三角点トレック

第4回 美女山コース

2016.04.04 更新

◆◆京都府京丹波町に位置し、美女のマユ型に似ていることから美女山と呼ばれています◆◆

■美女山 標高 482.2m

■コース
出町柳駅 (京都バス) 道の駅・丹波マーケス → 黒尾橋 → 美女山 → 市町界 → 鉄塔 → 岩ヶ谷 → 岩ヶ谷口 (京都バス) 
道の駅・丹波マーケス → 出町柳駅  (約 5㎞) 健脚向きコース

■8月3日(水) 9時より、電話にて参加申込を受付させていただきます。
■開催日 9月3日(土)
■参加費無料 (バス代・資料代等3,500円別途)

京都近郊の豊かな自然にあふれた三角点を踏破する「京都バス三角点トレック」。
2016年実施コース中、5コース以上踏破され、最終回にご参加された方に、踏破賞をお渡しいたします。
.コース、詳細などはこちらをご覧ください。


※京都バスは、「貸切バス事業者安全評価認定制度三ツ星認定事業者」です。「三ツ星」は、認定制度の最高ランクです。


 この美女山コースは、三角点トレックとしては初めて実施します。
 この山、美女のマユ型に似ていることから「美女山」と呼ばれています。この山の名に誘われて参加された方もおられました。
 また、初めて実施する山ということで、久しぶりにご参加いただいた顔見知りの方もおられました。
 この山へのルートは、数ルートありますがいずれも急登で、三ルートを下見し、地元観光協会の助言を得、夏場に実施するのに適したコースで実施しました。
 三角点では、愛宕山に毎月登っておられる方が愛宕山が見えるとのことで、どの山かを皆さん探しておられましたが、結論はでなかったようです。
 
【トップのコースタイム】
丹波マーケス(9:43出発) ➪ 黒尾橋(9:48通過) ➪ 古市分岐(10:57通過) ➪ 美女山・昼食(11:03到着 11:50出発) ➪ 寺谷分岐(12:06通過) ➪市町界(12:19通過) ➪ 鉄塔80(12:30到着 12:40出発) ➪ 岩ケ谷.(12:56通過) ➪ 岩ケ谷口(13:10到着)

【コース概要】
(ア) 美女山へは、丹波マーケス駐車場を出て、マーケスの建物と駐車場横の歩道を歩き、丁字路で左に曲がります。
(イ) 正面に橋が見えてきますので、橋を渡ると、直ぐ右手に「登り口」の道標がみえます。
(ウ) ゲートから入り、直ぐ右に進みます。
(エ) 左に自然と進んでいきます。左に曲がると急登となります。展望台まで約40分続きます。
(オ) 登って行くと正面に開けた箇所が現れると展望台です。眺望を見て疲れを癒してください。
(カ) 展望台からも、約20分少し急な登りが続きます。
(キ) 尾根に出ると、左に進みます。古市分岐までは、緩やかな登りです。
(ク) 約15分で「古市分岐」に到着です。三角点までは直進します。
(ケ) 古市分岐から美女山までは、ほぼ平坦となります。
(コ) 美女山三角点からは、南丹市街が見えています。
(サ) 三角点から直進し、下りていきます。
(シ) 「寺谷分岐」まで、約15分は緩やかな下りとなります。
(ス) 「寺谷分岐」では、直進します。
(セ) その先、正面にロープを張った箇所があります。そこでは左に進みます。少し登りとなります。
(ソ) 暫く進むと、正面に道標が見えます。そこが「市町界」です。
(タ) ここから左に進みます。暫くすると下りとなり、下りが続きます。途中、急な下りもあります。
(チ) 正面に「鉄塔」が見えてきます。
(ツ) 下って行くと、右側にトラロープが張った箇所に出ます。
(テ) ここを、左に曲がると約15分の急な下りとなります。
(ト) 下に林道が見えてきます。林道に下りたところが、「岩ケ谷」です。
(ナ) ゴールまでは、林道歩きとなります。
(ニ) 途中、ゴルフ場の横を歩く箇所が2カ所あります。
(ヌ) 約20分で舗装道路に出ます。そこが「岩ケ谷口」です。